exciteブログCINEMA ExciteホームExcite Cinemaトップサイトマップ
カテゴリ
全体
出発準備
映画祭豆知識
カンヌ
思い出のカンヌ
映画好き
番外編
最新のトラックバック
まだ見ていない・・・
from ぼのぼの日記
X-MEN ファイナル ..
from 観たよ〜ん〜
X-MEN2でも無理なも..
from 映画にからめて日々思う事
【劇場鑑賞95】X-ME..
from ダディャーナザン!ナズェミデ..
X-MEN: The L..
from The Final Fron..
映画vol.84 『X-..
from Cold in Summer
X-MEN ファイナル・..
from Aのムビりまっ!!!(映画っ..
「X-MEN ファイナル..
from mountain77 D.R..
「X-MEN ファイナル..
from mountain77 D.R..
X-MEN:ファイナル ..
from ちわわぱらだいす
最新のコメント
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク
FESTIVAL DE CANNES

あくまで・・独断と偏見でユキが解読する(笑)  X−MEN (1)

みなさん、こんにちは。またX−MENのファンの皆様、アメコミ好きの皆様、イケメン好きの皆様、こんにちは。イケメンにはすぐに反応する私です。
今日は、今まで縁あって(笑)、時々、X-MENの事を色々書いてきましたが、チエもDVDで見たようなので(でも、質問もして来てたなぁ〜)、ここらで一度、私の独断と偏見のX−MENを書いてみようと思いました。まずは、X-MEN 1から。。。。

スタートレッキーの私は、まず、この映画にスタートレックではおなじみのピカード艦長役のパトリック・スチュアート(プロフェッサーX:チャールズ)と、イアン・マッケラン(マグニート:エリック)が出演というので飛びつきました。英国の俳優の中でも味がある二人の共演が楽しみでした。そして、その後、私の心を掴んだヒュー・ジャックマン(ウルヴァリン:ローガン)が主演というのも興味を持ちました。(ですが、この頃は名前を知ってる程度でした)

スタートからプロフェッサーXの渋い声でのナレーション。
『”突然変異”それは進化の鍵。それにより1つの細胞が・・・』ドキドキ!そして物語が始まる。(物語の詳しい内容はDVDを見てもらうとして)
全体的にこの物語自体が対立というか、人間対ミュータントみたいな構図があります。その中での大きな対立がプロフェッサーXとマグニート。このプロフェッサーXとマグニートは旧知の仲。人間に対する考えが違うため色々な場面で衝突、時には味方に敵にと変化するけど、お互いをよく知ってているが故、認め合っている関係です。

でも、この2人。映画を見てると楽しんで演じてると言うか、ある意味おちゃらけを要所に見せてくれてるお茶目な場面も多いので、そこも注目してみると面白いですよ。(マグニートのダンスしているようなパワーの使い方とか、ちょっと気になるへんてこなヘルメットとか <この笑えるシリーズは後日書きたいなぁ・・・笑)でも、そうは言っても、この2人の場面は引き締まっているんだなぁ〜。さすが!です。

さて、チエの質問に私なりの解釈で答えると。。。。
>> アイスマン、パイロ、ローグの3人も三角関係だったのかな?
三角関係と言うのであれば、最初はローグはローガンに淡い恋心(お兄さん的な部分も含め)を持ったと思う。で、ローガンはジーン、ジーンも気になるのだがサイクロップスと既におつきあいしているため、きっと彼女なりに言い聞かせていたんだと思う(笑)。それをどこかで気にするサイクロップス。で、話を戻すと、アイスマンとパイロは友人でもあるがライバル。いい家庭で育ったアイスマン(2では分裂するが)と人間に怒りを持つパイロ。この2人の関係はプロフェッサーXとマグニートの関係と重なる部分がある。アイスマンとローグはX-MEN2では付き合っている関係になっているから・・・。
チエ、今度時間があったら、もう一回DVD観てみて。全体を見るというよりか、この人間関係というところに注目してみると、それぞれの演技が深くって恋愛映画的に観ると面白いよ〜。特に、おヒュー様のジーンに惚れて行く度合いが変化しているから(細かい演技なんだと思う)
だって、XーMEN2では、ジーンに断られるんだけど、その時のおヒュー様の顔はスゴクセクシーですよ〜。今より以上におヒュー様にハマると思う。特に目を見てね。

>>マグニートーは金属を自由自在に操れるけれど、ウルヴァリンの体内にある金属組織はグチャグチャにできないのかしら? って、これは突っ込み入れちゃいけないところ?(笑)
う〜ん。たぶん、入れちゃいけないとこかも(笑)。でも、ウルヴァリンの特徴で体内蘇生能力があって、怪我をしてもすぐ戻るでしょう〜。だから、ぐちゃぐちゃにされても戻ると思うんだな。で、その事をマグ二ートも知ってるから「やっても、無駄」って感じなんだと思う。アハハ(笑)。
案外、当たり!かも。。。

この映画で、ややこしいなぁ〜と思うのは、キャラクターの名前かもしれないですね。ミュータント名と本名がある事。私も最初はスゴク混乱したのを覚えています(笑)。今、書いててもどっちで書けばいいんだぁ〜?と悩みましたから。。。
アメコミの映画の悲しい所というか、特にこのX-MENシリーズは”進化”するのが早いので、1と2の間に、どんな流れがあったのかをある程度想像しなくてはならないと思います。(苦笑) だから、何回も観なくては行けない映画の代表ですね。まあ、何回観ても飽きないのが不思議ですが・・。だからチエも、もう一回観てみてちょ。       続く。。。。

X-MEN2(字幕版) | Excite エキサイトシネマ

[PR]

by YUKI-2006 | 2006-07-05 11:15 | 映画好き | Trackback
トラックバックURL : http://cannes2006.exblog.jp/tb/5181036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 恋愛映画的X-MEN X-MEN 1・2 を観ました >>