exciteブログCINEMA ExciteホームExcite Cinemaトップサイトマップ
カテゴリ
全体
出発準備
映画祭豆知識
カンヌ
思い出のカンヌ
映画好き
番外編
最新のトラックバック
まだ見ていない・・・
from ぼのぼの日記
X-MEN ファイナル ..
from 観たよ〜ん〜
X-MEN2でも無理なも..
from 映画にからめて日々思う事
【劇場鑑賞95】X-ME..
from ダディャーナザン!ナズェミデ..
X-MEN: The L..
from The Final Fron..
映画vol.84 『X-..
from Cold in Summer
X-MEN ファイナル・..
from Aのムビりまっ!!!(映画っ..
「X-MEN ファイナル..
from mountain77 D.R..
「X-MEN ファイナル..
from mountain77 D.R..
X-MEN:ファイナル ..
from ちわわぱらだいす
最新のコメント
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク
FESTIVAL DE CANNES

カテゴリ:思い出のカンヌ( 6 )

こんにちは、チエです。
ユキがそろそろ、NYから戻ってくるころではないかと。
お土産がとっても楽しみなのですが、実はちょっと心配。
なぜかというと・・・ユキの出張中、映画を観まくって、映画ツウになっていようと思ったのに、全然観ておらず。。。
ユキに怒られそうだ。

というのも、原因は当然ワールドカップ!
みなさんも応援してますか?
私は、スペインのラウルがとっても好きなんですが、なんとなく、ヒュー様(ヒュー・ジャックマン)に通じる!と思ったのは私だけでしょうか。もしくは、素敵な人はみんな、今の私にはヒュー様にみえてしまうのかも。


それはさておき、ワールドカップシーズンでテレビを見ていて気付いたことがあります。それは、ヨーロッパは自転車文化が進んでいる、ということ。
カンヌにいたときにも感じていたのですが、今回それを確信しました。
私が滞在していたのは、ジュアン・ル・パンというカンヌの隣町だったので、カンヌの中心部までは、2ユーロを支払って、電車で往復していたんです。
電車は2階建てで、ドアからスロープをおりていくと下の階、階段をあがると上の階に行けます。なぜだか、私はいつも下の階に乗っていたのですが、下にはイスが設置されていないオープンなスペースがありましたが、そこはどうやら、自転車置き場のようなのです。
普通の自転車や本格的ロード仕様の自転車と一緒に電車に乗り込んでくる人を何人も見かけました。日本だと電車内に自転車を持ち込むときは、自転車バッグにいれないといけないんですよね。
まちなかでも自転車に乗っている人を多く見かけたし、車内もあたりまえのように自転車と一緒でしたね。

ヨーロッパは地続きで隣国までの移動も可能だし、自動車ではなく自転車を日常的に使用するエコロジーな文化が発達しているんだなあ、と感じました。
日本で実践するには、階段が多すぎたり、電車が混みすぎたりしているので、かなり困難なんでしょうけれど、日本も日本なりのエコロジーなことを実践していけたら、いいなあ、と思いました。

[PR]

by cannes2006 | 2006-06-22 02:31 | 思い出のカンヌ | Trackback

みなさん、こんにちは。ユキです。
やっと落ち着きブログを書いています。あっと言う間のカンヌ滞在でした。

色々な映画の情報もゲットしたし、現地のメデイアの方と優雅にバルコニーから見たレッド・カーペットの素晴らしい事。
その部屋には大きなスクリーンがあって、真下に繰り広げられてる宴に酔いしれておりました。でも、やはり現地の有名人は分からないのでみんながキャ~と言うたびに「誰?誰?」と聞いてる私でした。


でも、私のお気に入りの場所は、各国が出展しているヴィレッジ。ちょうどメイン会場の裏手の海沿いに各国の国旗とともにずらーと並んでいます。そこで紹介されている世界の映画。中に入って出ての繰り返し。その映画のダイジェストとかをみると”世界は広いなぁ~”って思います。


また、時間があった時に街をブラブラしていると、目につくのが映画館。こちらの人にとって[映画=デート]と言ってもおかしくないとか。さりげなく肩寄せられたり・・・素敵ですよね。

みなさんも、きっと映画に出てくるような恋愛がしたいと思ったことってありますよね。
私は、映画に影響され過ぎとも言われるぐらい(笑)。ハマちゃいます。だから、大好きな恋愛映画は何回でも観てしまいます。もう台詞も覚えてるぐらいの勢いで(笑)。また、映画で英語を勉強するって方も多いですよね。私もその1人です。ですから、実際に実践すると少しオーバーな表現になっているようですよ~。エヘヘ。

みなさんにお聞きします。
ハマった、しかも何回も観てしまう映画は何ですか?

(私は、おヒュー様の『ニューヨークの恋人』か『恋する遺伝子』です。もちろんそれ以外にも沢山ありますが。。今は、おヒュー様で。)
ああ!チエにもこれを見せないとね。その前に『X−MEN』で。。。

[PR]

by YUKI-2006 | 2006-06-06 20:44 | 思い出のカンヌ | Trackback

みなさま、こんばんは、チエです。お久しぶりです。
さすがに長期休暇から復帰後の仕事はキツイですねー。
この週末は、恥ずかしながらダウンしておりました。(涙)
ですので、借りる予定になっていたヒュー・ジャックマンシリーズのDVDをまだ観ていないんです!(残念) でも、楽しみは取っておかないと。。
今週中には是非、DVD借りにおしかけていこうと思っています。
きっと、ユキはこの週末、DVD観賞していたんだろうなぁ。

さてさて、日本に帰ってきても、心はカンヌ。頭もカンヌ。
本日は、現地ではあまり紹介できなかった、カンヌをお見せしようと思います。

こちらは、まちなかのパン屋さん。たいがい店先に小さなテーブルとイスがおいてあって、テイクアウトのほか、その場でも食べられるのです。
キッシュもおいしそうだし、甘そうなチョコのデニッシュもおいしそうだし、どちらにしようか迷った挙句、両方オーダーし、おなかいっぱいになりました。そう!やっぱり日本人サイズではないんです。デカイ! その後の苦しさは言うまでもなく・・・。

b0095383_02222.jpg
とかいいつつ、デザートのジェラート。(別腹なので)とにかく昼間は日差しが強くて暑かったから、子どもも大人もみんな、アイスをペロペロしてましたねー。ビーチ沿いの道にもジェラート屋が何軒か出ており、盛況でした。
写真はピスタチオ味のジェラート、1ユーロ。
日本では珍しいと思うけれど、南仏だとピスタチオフレーバーはメジャーなようです。


b0095383_081640.jpg
こちらはビーチのレストランで食べたシューアイス。こってりあまーいモノが食べたい!と思って頼んだら、このとおり。大きなシューアイスが4つ!しかもたっぷりチョコレートがけの上にさらに、生クリームドッサリ。9ユーロ。あまりのひつこさに完食ならず。うぅ。。


b0095383_0161187.jpg
こちらは朝市のフルーツ屋さん。
さすが、地中海沿いですね(やっと、知ったのですが)、果物や野菜の種類が豊富で、色鮮やかできれい。店先もみてても飽きないのです。


[PR]

by cannes2006 | 2006-06-05 00:22 | 思い出のカンヌ | Trackback

こんばんは、チエです!
カンヌの楽しかった思い出はひきづりつつも立派に社会復帰を果たし、きちんと働いております。

さて、今日は皆さんにカンヌでみつけたお土産をプレゼントします!
まずは、カンヌ映画祭オフィシャルグッズ。
マウスパッドとブレスレットです。こちらはレッドカーペット脇にある、映画祭オフィシャルショップで購入しました!


つづいて、ROGER & GALLET のフレグランスソープ3個セット。
GREEN TEA と ALMOND BLOSSOM と BOUQUET IMPERIAL 。
おそらく良い香りだと思いますヨ。
ROGER & GALLET 商品はまちじゅうのドラッグストアではたいがい取り扱っていて、コチラではメジャーなブランドなんだな、と思いました。


応募は、Excite Cinema のプレゼントコーナーから応募してください。

Excite Cinema プレゼント

みなさん、是非応募してくださいね。

[PR]

by cannes2006 | 2006-05-31 23:21 | 思い出のカンヌ | Trackback

みなさん、こんばんはー。チエです。
時差が・・・きつい!!です。でも、無事に帰国を果たしました。

そうそう、私、遂にやっちゃいました。(苦笑)
パリ空港でのんきにお土産買って、コーヒー飲みながらブログを書いてたら、
ユキが息を切らして現れました。『チエ!何やっての!置いていかれるよ』と。
私は、「えー、なんで置いていかれるの?」と頭に???が浮かびました。
そして、私達の耳に聞こえて来たのは・・・、私の名前!!
ハッと我に返り、荷物をもってゲートに急ぐ私達。 
「ヤバい!ヤバい!置いていかれる~」と脳裏に浮かぶものの、
「ここはパリなんだなぁ~」ってふと思っていたら、
すぐさまユキちゃんが笑いながら(ちょっと、引きつっていたかも)
「あんた、今、このままここで乗り遅れてもいいわぁ~って思ったでしょう!!!」と一言。ス、スルドイ! さすが、私の友人。(笑)
イヤ、そんな場合では無かった。ひたすら走るしかない私でした。
ゲート口で係の人に謝るユキちゃん。(ごめんね)
でも、私達が最後のお客では無かったので一安心。
なんとか、無事機上しパリに別れを告げました。
みなさんもこんな経験したことありますよね?

カンヌの思い出とパリの香りを思い出して、と思っていたら、いきなり機内食が運ばれて来ました。そう、私は完全なる爆睡状態だったとか。。。(笑)
カンヌを思い出す間もなく、機内の映画も観る事無く、起きちゃ、食べての繰り返し。そして、朝早く日本に到着しました。すぐさま会社へ直行!!(えらい!)
はぁー、本当に辛かった1日でした。(涙) 
でも、早くもカンヌが恋しい私です。

[PR]

by cannes2006 | 2006-05-30 22:14 | 思い出のカンヌ | Trackback

みなさん、こんにちは。ユキです。
カンヌから今朝帰国しました。しかし、日本はやっぱり蒸し蒸しですね。
成田空港に着くなり、モワァ~ンとした湿気に「ああ~、これが日本だ!」と納得。
時差ボケとまでいかない今日でしたが、明日が恐い・・・(笑)

さて、カンヌ映画祭も終了しました。みなさんの予想は当たりましたか?
私の予想はハズレていました。トホホ。。
今回のカンヌ映画祭を終わってみて感じた事は、今回の受賞作、パルムドールもグランプリも戦争を題材にした作品なんだなぁ~と。
今の世相を物語っているのでしょうか?
また、今回の私の視点は「監督」に注目しておりました。
この監督だから見てみたい。あるいは、この監督が今度はどんな作品を描いているのかが、興味の対象となっていました。とにかく、個性豊かな監督達が並んだと思います。コンペティション初参加の監督もいれば、常連といった監督。大きく2つに分かれた今年のカンヌでしたね。例えば、パルムドール受賞のケン・ローチ監督は、今年でコンペ参加は8回目だし、ナンニ・モレッティ監督は2001年に「息子の部屋」でパルムドールを受賞しています。それとは逆に、日本で人気のソフィア・コッポラー監督は初参加組。また、意外や意外、リチャード・リンクレイター監督もコンペ初参加なのです。(個人的には、この監督も好きですね。幅広い作品を世に送り出していますから・・)

さて、日本は今月公開の作品やこれから夏公開の映画がわんさか。
みなさんは、これから何を観ようと考えていますか? 
注目している作品はどれでしょう? また、教えて下さいね。
さぁ~て、何から観はじめようかなぁ~。
まずは、チエに「XーMEN」を2本貸さないと・・。
まあ、とりあえず今は、トランクあけて荷物片付けないとね・・・(笑)

[PR]

by YUKI-2006 | 2006-05-30 20:55 | 思い出のカンヌ | Trackback(2)