exciteブログCINEMA ExciteホームExcite Cinemaトップサイトマップ
カテゴリ
全体
出発準備
映画祭豆知識
カンヌ
思い出のカンヌ
映画好き
番外編
最新のトラックバック
まだ見ていない・・・
from ぼのぼの日記
X-MEN ファイナル ..
from 観たよ〜ん〜
X-MEN2でも無理なも..
from 映画にからめて日々思う事
【劇場鑑賞95】X-ME..
from ダディャーナザン!ナズェミデ..
X-MEN: The L..
from The Final Fron..
映画vol.84 『X-..
from Cold in Summer
X-MEN ファイナル・..
from Aのムビりまっ!!!(映画っ..
「X-MEN ファイナル..
from mountain77 D.R..
「X-MEN ファイナル..
from mountain77 D.R..
X-MEN:ファイナル ..
from ちわわぱらだいす
最新のコメント
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク
FESTIVAL DE CANNES

   
コンニチワコンニチワ!!ちょっと興奮気味の、チエです。
みなさん、ご心配なく~。X-MENたちは来日してますよ~。
そしてそしてなんとなんと!
私はジャーナリストとして、記者会見に参加することができました!!
本当にありがとう、ユキちゃん!!
ものすごい大勢のマスコミの中でぎゅうぎゅう押し合いへし合いしながらの撮影もなんのその。
ヒュー様はじめ、ファムケ、ハルが目の前にいるんですからっっ!

というわけで、今日はジャーナリストっぽくしてみます(笑)。無理かな?
来日したのは、ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマン、ストーム役のハル・ベリー、ジーン・グレイ役のファムケ・ヤンセンの3人。残念ながら、ブレット・ラトナー監督来日は急遽中止になってしまいましたが、ゲストにはの亀田興毅がかけつけました。

ファムケ姉さんは、黒のワンピースを身にまとい、クールな印象でしたが、亀田選手に向かってファイティングポーズを見せてみたり、たまにみせるオフザケがなんとも言えずキュートでした。スタイルがすばらしくよくて、膝下がありえない位、長いのです。そんな長い足を会見中、何度か組み替える姿は、ホレボレ~。
そして、ハル・ベリー。黒いカットソーにジーンズ、ラフな中にも凛とした美しさ。でもユーモアを交えつつお話する姿にサービス精神のよさがうかがえました。どうしてもパーフェクトに見えてしまうのですが、自身は太ももについた肉が気になるんですって!
そしてそして、我らがヒュー様!明るいグレイに白のピンストライプのスーツで現れたんだけど、会見が始まるとすぐにジャケットをぬいでしまって(待ってました!)黒いシャツになりました。うっとり。話の中にジョークをそこかしこに散りばめたり、大きなリアクションで場を和ませたりして、素敵なだけでなく、人間の大きさも感じます。はぁ~。そしてやっぱり、あのよく通るボイスがいいんですよね。周りの記者の人たちも、「本当に魅力的な人」と言ってましたよ!そうでしょ、そうでしょ。

会見内容については、ユキがきちんとレポしてくれると思うので、簡単に。
今回、3部作の最終章を迎えたのですが、3作を通じて、皆がファミリーになれたとのこと。多くを共有し、6年間かけて一緒に成長・発見ができたことを3人とも誇りに思っているそう。
最終章ではついにミュータントから普通の人間になることができる新薬"キュア"が発明され、ミュータントたちは、みな選択を迫られるんです。そのキュアに対し、映画の中でストームは大反対なんですが、ハル・ベリー自身も「もちろん反対」と熱っぽく話していました。この人間社会になぞらえて、どんな人種も全てクスリによって、平等に白人にしてしまう、ということは、本当の平等ではないでしょ?と。
ヒュー様も「37歳となった今では、そんなに自分のどこを直そう、とはあまり思わなくなったけど、15歳の時は、沢山コンプレックスがあってね。みんなから"スティック"と呼ばれる位、カラダが細かったことや、おでこに"V"の字のニキビがあって冷やかされたこととか。でもね、今自分の子供が何らかのコンプレックスを持っていたとしても、それを取り除こうとは思わないね。」と。

撮影秘話や現場の和やかな様子をそれぞれの言葉で伝えつつも、社会に対する確固たる自分の意見を語る3人の姿はとても頼もしく、やっぱり根っからの、"X-MEN"なのです!
でわでわ、ユキさん、バトンタッチ!

[PR]

# by cannes2006 | 2006-07-13 18:48 | 映画好き | Trackback

こんばんは、ユキです。
皆さま、『X-MEN』来日に関するたくさんのコメント、ありがとうございます!
読んでいて、みなさんの興奮している様子が手に取るようにわかりました。
もちろん、私も同じですから!

さて、ココで質問です。
ヒュー・ジャックマンやハル・ベリー、ファムケ・ヤンセンにあなたが一番聞いてみたいことってなんですか?
『X-MEN』のことや、プライベートなことなど、私は聞きたいことだらけなんですけどね。

[PR]

# by yuki-2006 | 2006-07-13 01:58 | 映画好き | Trackback

たいへん!たいへん!どーしよーー!
ヒューさまライニチーーーー!!!

心の準備ができていないよう!
ユキったら、ヒドイじゃん!
私がジョニデ&オーリー来日にうつつを抜かしてたら、
「そんな子には、いいニュースを教えてあげないよっ。あとでブログみなさい。」って。
さっき電話したときにはおしえてくれないでさーー。
ブログあけて、びつくり。
もうジョニデどころじゃないかもっっ。こんなに早く再会できるなんて!!

   
はぁーー、やっぱりステキ。
私のこと、覚えてくれてるかな?カンヌで私にニッコリ、セクシー低音ボイスで「ハロー」と言ってくれたんだから、覚えてくれてるんじゃないかなあ。ね!ユキ!
しかも、ユキ情報によると、なんとなんと、ハル・ベリーとファムケ姉さんまで来ちゃうとのこと。
すんごい豪華メンバーだね。
ジーン役のファムケは、また、かわいいワンコ連れてくるのかねー。

楽しみー。
って、"ウルルン再会スペシャル"やる気満々なんだけど、私はその気だよ!
いざとなったら、レッドカーペットとか、会社そっちのけでいっちゃう覚悟だよ!

[PR]

# by cannes2006 | 2006-07-10 23:23 | 映画好き | Trackback

きゃー!!!! 祝!おヒュー様来日!

チエ、おヒュー様が日本に来るよ~。あの感動が再び蘇る!

    

みなさん、こんにちは。ユキです。最初からテンション高くてスミマセン(笑)。
来週、『X-MEN:ファイナル ディシジョン』 のキャストが来日します。
メンバーは、
監督のブレット・ラトナー
ストーム役のハル・ベリー
ジーン役のファムケ・ヤンセン
そして、ウルヴァリンのヒュー・ジャックマン  です。
特に、今作は、X-MEN 最終章とあって、キャストもそうとう思い入れがあると思んです。あああ。色々聞きたいなぁ~!! 記者会見で手を挙げるしかないかぁ〜。頑張るぞ!!

来週は色々な映画の出演者の来日ラッシュです。
皆さんは、この夏、どの映画を見ますか?
>> Excite Cinema 夏休み映画特集

[PR]

# by YUKI-2006 | 2006-07-09 17:28 | 映画好き | Trackback

こんにちはー!チエです。
恋愛映画的X-MEN?
なるほど!! ユキはすんごい見込んでるんだね~。さすが映画好き。
『恋する遺伝子』でも『ニューヨークの恋人』でも
「このシーンのヒュー様がこの表情をして、この瞬間に恋してる自分に気づくの!!」
なんて、乙女チックに力説してたもの。
もしかして、・・・・・・本気?

でも、ホント、ユキの言うように、『X-MEN』って、観る度に新しい発見があって、何度見ても飽きない。(と言っても1回しか観てないけど。。。)

最初、ヒュー様がウルヴァリンって事が信じられなかったんだ。だって、あの髪型にもみあげだったんですもん。でも、観ていくと楽しかったし、アメコミという違和感も無く、ウルヴァリンもだんだんセクシーに見えてきたし、X-MEN 2 の頃には愛すべきキャラになっていました。今度のX-MEN を観たら、私はどうなるのでしょうか~。スゴク楽しみです!!
あと、プロフェッサーXとマグニートーも仲良くなったり、ケンカしたり。でもお互いを認め合ってるのは感じ取れたけど、観ていてハラハラ。本当に面白い関係ですね。
そう言えば、カンヌのレッドカーペットでも、パトリック・スチュアートとイアン・マッケランが仲良さそうにしてたのもとっても印象的。確か、二人で陽気にダンスしてたよね?
すごいかわいかった☆ きっと、私生活でもいい友人なんだろうなって思いました。

あと、そうそう、女性陣のセクシーなこと。溜息もんですよ。
これも、恋愛映画的に観たら確かに面白いかも。
どのタイプも個性的で・・・、ユキちゃんはもしかしたらジーンタイプかもね。(笑)
私は誰かな~。ああ、個人的にはミスティークのあのボディーが欲しい☆

そして、若手3人衆の恋模様!ユキちゃん、解説ありがとう!
そうだよね、パイロは恋どころではないのかな?というか、アイスマンに対する友情の方が強いのだけど、自分と同じ気持ちでないことに歯がゆかったりするのかもね。(変な意味ではなく。。)
そういえば、ローグがウルヴァリンに淡い恋心を持って慕っていたとき、アイスマンは面白くなさそうにしていたような気がする。あれって嫉妬なんだろうなあ。かわいいよね。
そして、そのウルヴァリンはジーンに片想い。でもさ、ウルヴァリンって、野生人で荒ぽく強引な人そうに見えて、実は、理性のある人なんだよね。だって、欲望のままにジーンを口説き落とさないし(だったよね???)、ジーンが死んでしまって落胆するサイクロップスに・・・そこもまた素敵。私がジーンだったら絶対ウルヴァリン。だって、ストレートに愛を伝えてくれるんですよ。
しかもあのナイスバディ!(またそれか(笑))
ああ、あのカンヌの感動が忘れられません~。
日本公開の舞台挨拶とかにこないのかなぁ~。

[PR]

# by cannes2006 | 2006-07-06 20:51 | 映画好き | Trackback(11)